BS・110度CSデジタル放送が見られない。「放送が受信できません…コード:E202」が表示される。/ (テレビ)S8/S10シリーズ


(2022年7月21日更新)

テレビ放送の受信状態が悪くなるとテレビ画面には「コード:E202」や「コード:E203」が表示されてテレビ番組が見られなくなってしまいます。
テレビ放送がうまく受信できずテレビ番組が見られないときの多くは、アンテナケーブル接続の誤りやアンテナからお部屋までの受信経路上の問題によってテレビ放送信号が弱くなってしまうことがほとんどです。 そこで、本稿ではテレビ放送をただしく受信するためのポイントをご案内します。以下の点をお確かめください。

(お願い)FAQに対するアンケートをページの一番下にご用意しておりますのでよろしければご協力をお願いします。


普段のご使用状況を確かめていきます(BS・110度CSデジタル放送を見るための準備)

[1]テレビ画面に映し出されている映像が本製品の映像になっていることをお確かめください

テレビ画面に映し出されている映像が本製品の映像になっていることをお確かめください([画面表示]ボタン押下)。 あわせて放送の種類がBS・110度CSデジタル放送になっていることをお確かめください。

(メモ)受信不調の原因が環境によるものの場合はテレビ放送受信器すべてで影響がおよぶことも多いですが、 テレビ画面に映し出されている映像が、外部機器(BD/DVDレコーダーや外部チューナー)の受信不調を示す映像ではないことをお確かめください。

[2]同梱のB-CASカードを本製品のB-CASカード挿入口にセットしていますか

本製品にB-CASカード(同梱)をセットしていないとデジタル放送をご覧いただくことができません。

[3]BS・110度CSデジタル放送に対応したアンテナを使用していますか

衛星放送用のパラボラアンテナは、今般ではほとんどがBS・110度CSデジタル放送共用ですが、 なかには、BSデジタル放送専用(110度CSデジタル放送に対応していない)やBSアナログ放送用のパラボラアンテナもあります。

[4]天候はどうなっていますか(アンテナに着雪していませんか)

降雨や降雪などでテレビ放送信号が届きにくくなったときには、映像にノイズが多くなったり、映らなくなったりすることがあります。 このようなときは、天候が回復すると映るようになります。

(こんなときは…)降雨によって電波が弱くなったときに、放送局側で降雨対応放送を運用することがあります。 このような場合は、以下のメッセージが表示されます。降雨対応放送に切り換えるには[サブメニュー]ボタン押下→【その他の操作】→【信号切換】→【降雨対応放送】の順に進みます。

[5]放送休止中ではありませんか

放送休止中はBS・110度CSデジタル放送をご覧いただくことができません。このとき、画面には「E202」や「E203」が表示されることがあります。

[6]有料放送を視聴する場合は契約が必要です

WOWOWやスカパー!などの有料チャンネルは、無料視聴期間などを除き放送事業社と視聴契約をしなければ見ることができません。視聴契約については、放送事業者にお問い合わせください。

[7]別のチャンネルは見られますか

特定のチャンネルだけが見られないのかそれともすべてのチャンネルが見られないのかをお確かめください。あわせて受信状態もお確かめください。

アンテナ接続を確かめていきます(テレビ放送信号が本製品まで送られてくる状態にあるかを確かめていきます)

[8]本製品にアンテナケーブルが接続されていることをお確かめください

BS・110度CSアンテナにつながる接栓から本製品背面の「BS・110度CSアンテナ入力端子」にアンテナケーブルがただしく接続されていることをお確かめください。図は接続イメージです。

(メモ)お部屋にあるアンテナ接栓は、次の図のように地デジとBS・110度CSが分かれていたり、混合していたりすることがあります。

地デジとBS・110度CSの電波が混合している場合は、分波器を使用します。

(メモ)アンテナケーブルが外れていたときは、アンテナケーブルの芯線がまっすぐ立っていることをお確かめください。曲がっていたり、折れて芯線がなくなっていたりすると受信できません。

[9]本製品以外の部分でのケーブル接続もお確かめください

接続する機器が多くなるほど接続間違いが起こりやすくなりますので、 具体的にどのように接続しているのかをあらためてお確かめください。 あわせて、BD/DVDレコーダーを経由接続している場合は、このBD/DVDレコーダーの電源プラグがコンセントに差し込まれていることをお確かめください。図は一例です。

(メモ)本製品以外にBD/DVDレコーダーを利用している場合は、アンテナケーブルの接続のお間違いにご注意ください。

(過去にはこんなこともありました) 次のようにアンテナをつないでる状態で、BD/DVDレコーダーの電源プラグがコンセントに差し込まれていないためにテレビ放送が見られないという事例がありました。 BD/DVDレコーダーの電源プラグがコンセントに差し込まれていないとテレビ放送信号が止められてしまう場合があります。 また、BD/DVDレコーダー側の設定ですがアンテナ出力設定が有効になっていることをお確かめください(多くのBD/DVDレコーダーは、テレビ放送信号を出力しなくする設定があります)。

[10]テレビやBD/DVDレコーダーなどのテレビ放送受信機はいくつご使用されていますか

テレビやBD/DVDレコーダーなどのテレビ放送受信機を何個ご使用しているかをお確かめください。 詳しくは後述しますが、テレビ放送受信機を複数ご使用されている場合にテレビ放送信号を分割するほど信号が減衰してしまう原因になります。

[11]使用しているアンテナケーブルは地上デジタル放送やBS・110度CSデジタル放送対応ですか

アンテナケーブルは、地デジ接続するときは最低でも「3C-FV」以上のケーブルを使用していください。 BSや110度CSの場合は、頭に「S」がついてなおかつ「4C」~「5C」以上のケーブルを使用します。一般的にBS・110度CS接続では、「S-5C-FB」のケーブルが使用されます。
アンテナケーブル(同軸ケーブル)には、太さやシールド構造によって「3C-FV」、「5C-FV」、「4C-FB」、「5C-FB」などの種類があり、地デジ対応やBS・110度CS放送対応と明記されています。

[12]BS・110度CSアンテナに電源供給していますか

個別に設置されたBS・110度CS用アンテナは電源を必要とします。なお、集合住宅などの共聴システムの場合は電源供給する必要はありません。
本製品からの電源供給設定を変更するには、[設定]ボタンを押して【初期設定(機器設定)】→【チャンネル設定(設置設定)】→【受信設定】→【衛星】→【アンテナ電源】の順に進み【オン】を選びます。※()内はS8シリーズの場合。

(ご注意)分配器を使って複数の受信機を接続する場合は、電源供給する受信機を通電する端子に接続してください。

[13]アンテナレベルが推奨値を満たしていることをお確かめください

アンテナレベルを確認するには、[サブメニュー(クイック)]ボタンを押して、【アンテナレベル】の順に進みます。
 

(メモ)アンテナレベルは、アンテナの調整状況や接続状態の是非を確認するための目安です。アンテナレベルの数値は、チャンネルによっても異なります。また、天候などの影響をうけて常に変動しています。

現在のアンテナレベルはどのようになっていますか?

●アンテナレベルが「0」の場合… テレビ放送信号が本製品まで到達していません。もう一度、接続に誤りがないか、接続している同軸ケーブルが外れているところがないかなどをご確認ください。深夜など放送休止時も「0」になることがありますので、このような場合は放送しているチャンネルに切り換えてください。

●アンテナレベルが「1以上推奨値未満」の場合… テレビ放送信号が本製品に到達する前の段階で弱くなってしまっています。アンテナを含めた受信環境の調整が必要になることがあります。受信環境の見直しについては、お買い上げの販売店にご相談ください。

●アンテナレベルが推奨値を前後する場合(ギリギリの値で入る場合)… テレビ放送信号は、天候など外部の影響を受けて常に変動していますので、あまり良好な状態とは言えません。その時々でテレビ番組が見ることができたり見られなかったりすることがあります。

送られてくるテレビ放送信号(アンテナレベル)が弱くなってしまう原因を確かめていきます

[14]アンテナやケーブルはすべてデジタル放送対応製品ですか

接続するアンテナやケーブル、その他の経由する分配器、BD/DVDレコーダーなどがBS・110度CSデジタル放送に対応していないとただしく受信できないことがあります。

(メモ)接続するアンテナケーブル(同軸ケーブル)について…地デジの接続は、3C-FVや5C-FV、BS・110度CSの接続は、S-5C-FBのケーブルをお使いいただくことをおすすめします。

(こんなことも…)
(例1)市販の衛星放送用パラボラアンテナは、いまではほとんどが、BS・110度CSデジタル放送共用ですが、 110度CSデジタル放送開始前当時の製品はBSデジタル放送に対応していても110度CSデジタル放送に対応していないアンテナやBSアナログ放送用のアンテナもあります(BSデジタル放送が開始された2000年12月以前に発売されたBSアンテナは、BSデジタル放送では使用できない場合があります)。
また、(例2)110度CS放送に対応していない古いレコーダー、ビデオデッキを経由してテレビに接続した場合、110度CSデジタル放送が視聴できないことがあります。

[15]アンテナの向きや角度はただしいですか

冒頭でも示しましたが、降雨や降雪などでテレビ放送信号が届きにくくなったときには、映像にノイズが多くなったり、映らなくなったりすることがあります。 このようなときは、天候が回復すると自然と映るようになりますが、向きや角度(方位角や仰角)がくるってしまったときは、アンテナのメンテナンスが必要です。

(こんなことも…)前日に台風など強風がありませんでしたか。強風によってアンテナが倒れてしまったり、角度がずれてしまって、テレビ放送が映らなくなったと言う事例もあります。 アンテナの点検は、お買い上げの販売店にご相談ください。

[16]分配器を使用していますか

分配器を使って複数のテレビ放送受信機を接続すると信号損失によってテレビ放送信号が弱くなってしまいます。 また、分配器を使用するときは、分配器の接続しない接栓にはターミネーター(終端抵抗)を取り付けなければ信号輻輳によって受信不調を起こす可能性があります。 分配器を使用している場合は、取りはずしてお部屋のアンテナ端子から本製品に直接接続したときの動作を確認してください。 テレビ放送が見られるようになるときは、お部屋までの配線の見直しが必要です。

(メモ)分配器をはずしてテレビ放送が見られるようになるときは、このお部屋にあるアンテナ接栓では2台以上のテレビ放送受信機で視聴できる十分な信号利得がないか信号輻輳によってみられなくなっている可能性があります。 解消するには、おおもとのアンテナ配線を見直して信号利得の確保が必要です。

(メモ)BS・110度CS放送の場合、アンテナ電源供給の接続にご注意ください。分配器の電流通過する接栓に電源供給するテレビ放送受信機を接続してください。

[17]BD/DVDレコーダーではテレビ放送が見られるが本製品で見られない

テレビ放送信号は、BD/DVDレコーダーを経由するとノイズの増加などによって信号が弱くなってしまうことがあります。 お部屋のアンテナ端子から本製品に直接接続したときの動作を確認してください。 テレビ放送が見られるようになるときは、お部屋までの配線の見直しが必要です。

(過去にはこんなこともありました) 次のようにアンテナをつないでる状態で、BD/DVDレコーダーの電源プラグがコンセントに差し込まれていないためにテレビ放送が見られないという事例がありました。 BD/DVDレコーダーの電源プラグがコンセントに差し込まれていないとテレビ放送信号が止められてしまう場合があります。 また、BD/DVDレコーダー側の設定ですがアンテナ出力設定が有効になっていることをお確かめください(多くのBD/DVDレコーダーは、テレビ放送信号を出力しなくする設定があります)。

(ご注意)BD/DVDレコーダーには、アッテネーター(減衰器)を内蔵している製品やアンテナ出力端子から信号を出さなくするような設定を設けている製品があります。 アッテネーターは意図的にテレビ放送信号を弱める目的で使用しますので、例えば、BD/DVDレコーダーではテレビ放送が受信できるが、その先に接続したテレビではうまく受信できない場合があります。 また、アンテナ出力端子から信号を出さないように設定してしまうと、BD/DVDレコーダーのアンテナ出力端子からつないだテレビ放送受信機には信号が一切流れなくなります。 BD/DVDレコーダーを経由して接続している場合は、念のため、これらの点もお確かめください。

[18]ブースターを使用していますか

ブースターは、信号を増幅するための装置ですが、信号と同時にノイズも増幅します。 このため、すでにこのお部屋まできているテレビ放送信号に多くのノイズが入っている状態で室内ブースターを導入しても効果が得られないことがあります。 ブースターを使用するときは、事例に合わせてうまく導入しなければなりませんので専門知識のある業者や家電量販店などにご相談ください。

(過去にはこんなこともありました)普段からブースターを使用していたもののブースターの電源が切れていた(電源プラグがコンセントから抜けていた)ために効いていなかったという事例もありました。

[19]本製品の近くに無線ルーターなど電波を発する機器を置いていませんか

過去の事例ですが、テレビ背面のアンテナ接続端子のすぐ近くに無線ルーターを設置して放送がうまく受信できないことがあり、 設置場所をかえたら受信できるようになったという事例も報告されています。

[20]アンテナケーブル接続がすべてただしくできているかをもう一度お確かめください

冒頭で本製品のアンテナ接続端子接続を確認することにふれましたが、 BD/DVDレコーダーや分配器を経由するときは、これらの接続、お部屋のアンテナ接栓からの接続をもう一度お確かめください。 過去の修理事例では、本製品以外のところでアンテナケーブルが外れていたというケースも報告されています。

[21]アンテナからお部屋までの受信経路の見直しについて(信号品質を改善するために)

テレビやBD/DVDレコーダーなどのテレビ放送受信機を複数使用する場合、お部屋までくるテレビ放送信号が複数の受信機に十分に行き渡るだけの品質が必要です。 分配器などを利用して複数のテレビ放送受信機をつないだときに受信不調になってしまう場合は、テレビ放送信号の強さが足りていません。 一般的に分配、分岐するごとにテレビ放送信号は弱くなりますので、接続するテレビ放送受信機の数に応じた信号品質の確保が必要です。 十分な信号確保には、受信環境を見直さなければならないことがあり、これには専門知識も必要になりますので、お買い上げの販売店にご相談ください。

テレビ放送信号を弱めてしまう要因を取り除けた場合は、あらためてテレビ放送が見られるかをお確かめください。

一時的な不調ではないかを確かめていきます

[20]本製品の設定を初期化して設定をやりなおしたあとの動作をお確かめください

(ご注意)本体設定を初期化するとUSBハードディスクを再登録するときにフォーマットしなければなりません。 USBハードディスクをフォーマットすると録画番組はすべて消去されます。

本製品の設定を初期化することで、本製品が一時的な不調に陥っている場合に解消することがあります。ところが、地デジにまで不調がおよんでいる場合で受信環境が原因の場合、初期スキャンを再実施することで、実施後にチャンネルが未設定になる可能性があります。このため、設定初期化および初期スキャンを行うまえに、これらのことをご了承いただき、接続や設定に誤りがないことをお確かめのうえ行ってください。

(1)設定を初期化するには、[設定]→【初期設定】→【システム設定】の順に進み、【すべての初期化】を行います。初期化が終わると電源を切るよう促されるので電源を切ります。
(2)電源を入れて、【はじめての設定】をします。しばらくとすると【はじめての設定】が起動しますが、操作で呼び出すときは[設定]→【初期設定】→【はじめての設定】の順に進みます。 はじめての設定で地デジ初期スキャンも行われるので、完了後は地上デジタル放送が見られることを確認してください。

[21]電源プラグを抜き差ししたあとの動作をお確かめください

本製品をリセットすることで、本製品が一時的な不調に陥っている場合に解消することがあります。接続や設定に誤りがないことをお確かめのうえ行ってください。

(ご注意)テレビをリセットするには電源プラグをコンセントから抜き差しします。テレビの電源プラグをコンセントから抜く前に、録画中または、ダビング中ではないことをお確かめください。 録画などでハードディスクが動作しているときに、電源プラグをコンセントから抜くと、ハードディスクが故障したり録画番組が再生できなくなったりしますので、以下の操作で停止します。
※[画面表示]ボタンを押すと、録画などの状態を確認できます。
<録画を停止する方法>
・リモコンの[停止]または[終了]ボタンを押します。録画やダビング中は、それぞれの中止画面が表示されるので、【はい】を選びます。 二番組同時録画しているときは、繰り返し操作してすべて中止します。

(1)テレビ本体の[電源]ボタンを押して電源を切ります。(電源表示ランプが消灯します)
(2)テレビの電源プラグをコンセントから抜き、約1分待ちます。
 ※コンセントから抜く電源プラグを間違わないようにご注意ください。
(3)電源プラグをコンセントに差し込みます。
(4)テレビ本体の[電源]ボタンを押して、電源を入れます。


対象製品)S10(2015年)、S8(2014年)シリーズ
※リモコンのボタン、設定メニューの項目名や操作は、製品によって多少異なる場合があります。