消費電力を抑える。(省エネ設定)


(対象製品)S8、S10シリーズを除くテレビ全般
※本稿で解説するリモコンのボタン名や設定メニュー項目名は、製品により多少異なる場合があります。

本稿は、テレビ使用時の消費電力を抑える方法をご案内します。


[設定]ボタンを押して【機能設定】→【省エネ設定】の順にすすみます。

(1)節電モード…【標準】、【節電1】、【節電2】から選びます。【節電1】、【節電2】に変更するとテレビを見ているときの消費電力を抑えられるようになりますが、そのぶん画面は暗くなります。
(2)番組情報取得設定…【取得しない】に変更すると、待機時に番組表データなどを取得しなくなり、消費電力を抑えます。そのため、番組表の内容が表示されなかったり、予約が動作しなかったりすることがあります。
(3)無操作自動電源オフ…【待機にする】に変更すると、本製品を操作しない状態が約3時間続くと電源が「待機」になります。
(4)オンエアー無信号オフ…【待機にする】にしていると、テレビ放送を見ているときに無信号状態が約15分間続くと電源が「待機」になります。 受信状態が悪いときや天候不良で信号が途切れたときも動作する(テレビの電源が切れる)ことがあります。
(5)外部入力無信号オフ…【待機にする】にしていると、HDMIなどの外部入力選択時に無信号状態が約15分間続くと電源が「待機」になります。

(おしらせ)テレビの消費電力は、明るさや音量などで増減します。 普段、テレビをご覧になるときは明るさや音量を極端に上げすぎないようにご注意ください。