見ている番組によって、外部スピーカーから音が出ないことがある。


HDMI接続(または、光デジタル音声接続)したサウンドシステムが、対応しない音声形式を受け取ると音がでないことがあります。以下の点をお確かめください。

テレビと接続したオーディオ機器が「AAC」、「Dolby Digital」などの音声形式に対応していますか?

[1]テレビの光デジタル音声出力設定をご確認ください。

デジタル音声形式には、「PCM」、「Dolby Digital」(「AC3」と表記されることもあります)、「AAC」、「dts」などがあります。 このなかで、テレビ放送でよく利用される音声形式は、「PCM」や「AAC」です。「Dolby Digital」や「dts」は、市販のブルーレイディスク/DVDソフトで副音声としてよく利用されます。 サウンドシステムが対応する音声形式は、製品により異なりますので、適宜、テレビの光デジタル音声出力設定を変更してください。

(設定例:液晶テレビ レグザZ700Xシリーズの場合)
[設定]ボタンを押して【音声設定】→【光デジタル音声出力】を【PCM】に変更します。

[2]HDMIケーブルは、HDMI規格に準拠したハイスピードタイプ(カテゴリ2)で、ARCやHDMI連動それぞれに対応の製品を使用しているかご確認ください。

HDMIケーブルは、現在、非常に多くのメーカーが出荷していますが、残念ながらその品質により、映像音声が正しく出てこない、連動動作が上手くできないなどの不具合を生じてしまうことがります。 このようなとき、ほかにHDMIケーブルをご用意できる場合は、ケーブルを交換して正しく動作するかをお確かめください。 また、ブルーレイレディスクレコーダーなどほかの製品で正しく使用できているケーブルでも、ARCに対応していない場合は、サウンドシステムとの接続では音声出力(ARC)を利用できないことがあります。 このような場合は光デジタル音声ケーブルも接続します。