BD-RやDVD-Rなどのディスクにダビングできる録画時間。


(対象製品) DBR-W509/W1009/W2009、DBR-UT109/UT209/UT309、DBR-T1009、 DBR-W508/W1008/W2008/T1008/T2008/T3008/M2008/M4008/M3009、 DBR-E507/E1007/W507/W1007/W2007/T1007/T2007/T3007/M1007/M3007、 DBR-Z610/Z620/T650/T660/T670、 DBR-Z510/Z520/T550/T560/M590、 DBR-Z410/Z420/T450/T460/M490、 DBR-Z310/Z320/T350/T360

ディスクに対してダビングできる時間は次の表をご覧ください。ダビングできる時間はあくまでも目安です。

※録画時間は、放送レート(転送データ量のレート)によって前後します。同じ番組でも放送レートは、一定ではなく常に変動しています。このため、上表の記録時間を前後する場合があります。
※AVCRECフォーマットしたDVD-R/-RWメディアには、標準画質の録画番組をダビングすることはできません(選択することができません)。DRやAVCモードで録画した番組がダビングでき、DRモードで録画した番組は、ダビング時にAVCモードの画質に変換されます。
※VRフォーマットしたDVD-R/-RWメディアにダビングする場合、DRやAVCモードの録画番組を選択することができますが、ダビング実行時に標準画質に変換されます。
※ブルーレイディスク(BD-R/-RE)は、直接録画することもできますが、失敗する場合もあるので、内蔵ハードディスクに録画してからダビングすることをおすすめします。なお、DVD-R/-RWは直接録画できません。
※DVD-R/-RWは、CPRM対応のディスクをお使いください。デジタル放送などコピー制限のあるタイトルは、CPRM対応のディスクでなければ記録できません。