液晶画面のお手入れ。


(対象製品)テレビ全般

本稿は、液晶画面のお手入れ方法についてご案内します。


[1]テレビ本体をお手入れする前には、電源を切り、電源プラグをコンセントから抜いてください。


ハードディスク録画対応製品は、電源を切るときに録画予約や録画中ではないこと確認してください。
電源プラグを抜かないと、感電や誤動作の原因になることがあります。

[2]柔らかい布で強くこすらないようにして拭き取ります。

脱脂綿やガーゼ、OA機器清掃用の乾いた柔らかい布で軽く拭きとってください。

液晶画面の表面は特殊な加工をしているため、硬い布で拭いたり、強くこすったりしないでください。表面を傷つけてしまいます。
ベンジン、アルコールなどの揮発性の高い液体のほか、アセトンなどのケトン類やキシレン、トルエンなどの溶剤は使用しないでください。変質したり塗料がはげたりすることがあります。 クレンザーなど研磨剤が含まれた洗剤は、表面にキズをつけてしまうので絶対に使用しないでください。

[3]汚れがひどく乾拭きでは落ちないときは…

汚れがひどく水拭きする必要があるときは

(1)最初に、ホコリクリーナーなどでテレビについているホコリや細かな付着物を取ります。

ホコリがついているまま拭き掃除すると、キズをつけてしまうことがあるのでご注意ください。

(2)ぬるま湯1000に対して中性洗剤1の割合で合わせた洗剤水を柔らかい布にふくませて水分を切って拭きます。

中性洗剤はごく少量で十分です。たとえば、ぬるま湯1リットルに対して中性洗剤1ミリリットルで十分です。 1ミリリットルは、食器用洗剤ならば軽くワンプッシュ程度です。
この溶剤をやわらかい布にふくませて、固く絞って十分に水分をきってからテレビ本体を拭きます。

●使用する洗剤は、中性の食器用洗剤がよいです(食器用洗剤はほとんどが中性です)。反対に、おしゃれ着洗い用洗剤などは、ほとんどが弱アルカリ性なので使用しないでください。
●洗剤が濃いと製品に残ってしまうことがあります。このため、洗剤水で拭いた後は水拭きすることが望ましいです。 また、画面をぬらしたままにしておくと吸湿劣化やシミの原因になるので必ず乾拭きしてください。

(3)最後に、柔らかい布で乾拭きして、本体に残った水分を取り除いてください。


乾拭きするときは、手についた水分にもご注意ください。